マメムギモリノナカ

2020/06/13 23:11




マメムギモリノナカとは?

私たちは宮城県伊具郡丸森町で地域資源を活用したミツロウラップを製造販売しています。

使用しているミツロウは丸森町の石塚養蜂園で生産されています。養蜂園では、ミツロウ(蜂の巣の部分)をろうそく等に加工して販売をしていましたが、それでも年間生産量の多くは在庫になっていたため、さらに活用する方法はないだろうかと何年も思案していました。そんな折に、丸森町の地域素材に興味を持っていた私たちと石塚さんが出会い、丸森町産のミツロウラップ【 tsu tsu mi 】が生まれました。

私たちがミツロウラップを販売する理由には、地域資源の活用に加えて、自然素材を暮らしへ活かしたいという思いがあります。

ミツロウには天然の抗菌性と保湿性があり、包んだものの鮮度を保つことが出来ます。合成されたものに比べると働きは穏やかですが、人にも自然にも優しく、持続可能です。また、ミツロウラップが手に触れる感触には温かみがあり、包むたびに愛着や慈しみのような感覚を覚えます。こんなにシンプルで機能的で、かつ優しいものがあるなら、そういったものに囲まれて暮らしたいと思うのです。

自然への感動が、私たちの商品づくりの原動力です。